[6/11]

秋葉原通り魔事件で応急にあたった女医「『アキバ系』と呼ばれるような見かけの若者たちが、よく助けてくれた」

暴走トラックと凶刃の前に、17人が倒れた東京・秋葉原の無差別殺傷事件。
地獄絵のような発生直後の現場で、懸命に応急処置にあたったのは偶然その場に居合わせた医師や通行人だった。
「ドクターいますか」
学会参加のため徳島市から上京し、秋葉原を散策していた産婦人科医、西条良香さん(39)は8日、助けを求める叫び声を聞いて、思わず声のする方向に走った。
角を曲がると、歩行者天国だったはずの交差点に8人が倒れていた。
近くの携帯電話ショップからタオルを借りて、胸や腹部、背中など、被害者の傷口を衣服をめくって止血した。

次第に応援が増えてきた。気を失いそうな被害者に「しっかりしろ」と声をかける人、散乱した荷物を持ってくれる人――。
中には、自分のカバンからタオルを取り出して慣れない応急処置にあたる若者もいた。「どちらかというと『アキバ系』と呼ばれるような見かけの若者たちが、よく助けてくれた」と振り返り、
自身について「もっといい処置ができなかったか、後悔もある」とも。

紅電ニュース


- mono space -