[6/16]

公共事業入札、「350万円」のつもりを「350円」で落札→泣く泣く請け負うことに

赤穂市の道路除草作業の入札で、市内の建設会社が「350万円」とするところを、誤って「350円」と記入し、落札していたことが十三日、分かった。

市によると、市内の道路脇二万一千平方メートルの除草作業で、期間は十八日から半年間。九社による指名競争入札が
十一日行われ、この会社のほかは300万〜365万円で入札していたという。

社長が三百五十万円のつもりで代理人に「三百五十で入札して」と指示。
代理人は一平方メートル当たりの単価と勘違いし、そのまま入札してしまったという。

落札後に契約しなければ、市の規定で六カ月から一年半の指名停止処分となるため、建設会社は「自分たちのミス」と、泣く泣く請け負うことにした。

赤穂市契約検査係は「どのような落札価格でも市の対応は変わらない。
しっかり業務をこなしてほしい」としている。

紅電ニュース


- mono space -