[6/16]

行方不明の中学生、全身の皮膚、肉、臓器がほとんど無い状態で発見…中国

遺体で発見された行方不明の中学生、臓器窃取の疑い=中国広州
【大紀元日本6月14日】中国国内で、行方不明の中学生が全身の皮膚、肉、臓器がないまま遺体で発見される事件が発生した。

広州市黄埔区石化中学一年生・周小龍君が行方不明になったのは5月21日。自宅の黄埔区姫堂村から学校までは、自転車で約40分かかる。
遺体の発見場所は比較的辺鄙で、周小龍君の通学路から約600メートル離れている。

周君が行方不明になって9日後の5月30日午後5時30分、村付近の山で未成年者の遺体が発見された。全身の皮膚、肉組織、臓器がほとんど無くなり、骨とわずかの毛髪しか残っていない。
しかし、学校の制服はきちんと着ており、現場に周君のバック、自転車などが残されていた。
その後、DNA検査の結果、遺体は周君であると確定した。

紅電ニュース


- mono space -