[6/24]

週刊新潮、“秋葉原事件の容疑者を「神」と崇める2ちゃんねる”を批判

週刊新潮「秋葉原事件容疑者礼賛」の2ちゃんねる批判
6月19日発売の『週刊新潮』が、先日秋葉原で起きた通り魔事件について特集記事を掲載し、2ちゃんねるが、その槍玉に挙げられている。

問題の記事は、「ネットで『神』と崇められる『アキバ通り魔』」と題された3ページの特集。電車の中吊り広告でも大きなスペースを占めた
この記事は、「憎むべき犯罪者を『神』と崇める声がネットの世界で広がっている。
一体、どうしたワケなのか?」(一部抜粋)の見出しと共に、『2ちゃん』内の犯人擁護の書き込みを列挙し、「正論は、たちまち反論にかき消されてしまう」と、
ネット上のこうした状況に疑問を投げかけている。

実際2ちゃんには、「秋葉原通り魔・加藤智大は神!」「加藤智大と付き合いたい」などのスレッドが存在する。
容疑者を崇めるような書き込みや、派遣労働者としての容疑者の立場に理解を示すような意見が見られるのは事実で、この記事も「加藤礼賛のスレッドは、今日も書き込みの数を伸ばし続けているのである」と締めくくられている。

紅電ニュース


- mono space -