[6/24]

最も好きなアニメは? 男性は「機動戦士ガンダムシリーズ」 女性は「となりのトトロ」

「好きなアニメは?」と聞かれたら、どんな作品を思い浮かべるだろうか? 子どもの頃に見た作品を挙げる人もいれば、大人になってから見て感動した作品を答える人もいるだろう。
 これまでに見たアニメの中で最も好きな作品を聞いたところ、男性は「機動戦士ガンダムシリーズ」(349票)、女性は「となりのトトロ」(482票)を挙げた人が多いことが、マイボイスコムの調べで分かった。男性の2位は「ドラゴンボール」(215票)、3位「サザエさん」(159票)、女性の2位は「サザエさん」(312票)、3位「風の谷のナウシカ」(241票)。
 年代別で見ると、10代「ドラえもん」、20代「ドラゴンボール」、30代「機動戦士ガンダムシリーズ」、40代「となりのトトロ」、50代「サザエさん」がそれぞれトップ。サザエさんは20代を除いて、すべての世代で5位以内にランクイン、ドラえもんは10〜30代に人気が高いようだ。また、となりのトトロは10代を除いて、すべての年代で5位以内に入ったほか、スタジオジブリ作品では20代で「天空の城ラピュタ」が4位、30代と50代で「風の谷のナウシカ」が4位にランクインした。
 インターネットを使った調査で、1万4060人(男性46%、女性54%。10代2%、20代15%、30代38%、40代29%、50代以上16%)が回答した。調査期間は6月1日から6月5日まで。

■どんなジャンルのアニメを見ることが多いのか?
 好きなアニメ作品は男性が「機動戦士ガンダムシリーズ」、女性が「となりのトトロ」だったが、
どんなジャンルの作品を見ることが多いのだろうか。最も多かったのは「家族もの」で54.5%、次いで「スタジオジブリ作品」(42.7%)、「ディズニー作品」(31.0%)、「探偵・推理・サスペンス」(27.8%)、「アクション・冒険」(24.8%)、「SF」(21.6%)、「藤子不二雄作品」(21.1%)という結果となった。
 次にアニメ作品に関連して、購入した商品や利用したサービスはどんなものがあるのだろうか。
「原作マンガ・小説などを購入した」が最も多く33.2%、次いで「DVD・ビデオをレンタルした」(29.6%)、「キャラクターグッズを購入した」(17.9%)、「DVD・ビデオ化されたものを購入した」(15.5%)。
何らかの関連商品を購入したり、サービスを利用した経験がある人は6割に達した。
 またアニメを見たきっかけで、どんなことを行ったことがあるのだろうか。最も多かったのは「登場人物の動作やセリフのまねをした」(12.3%)、次いで「歴史に興味を持つようになった」(4.6%)、「登場人物のファッションや持ち物をまねした」「小説やマンガなどの創作を始めた」(いずれも3.2%)など、アニメの影響を受けて何らかの行動をしたことがある人は2割を超えた。

■アニメを見ない理由は?
 現在、アニメを週に1本以上見ている人は44.7%、「月に1本」「年に数本」を合わせると、アニメを見ている人は65.9%。一方で「アニメは見ない」と「以前は見ていたが、現在は見ない」を合わせると34.1%、3人に1人は現在アニメを見ていないようだ。
 アニメを見ていない人に「なぜアニメを見ていないのか?」と聞いたところ、「面白いと思える作品がない」(24.6%)、「興味がない」(22.9%)、「見る時間がない」(21.7%)がいずれも2割を超えた。このほか「子ども向けの印象がある」(9.2%)、「質の低い作品が多い」(5.1%)といった意見もあった。

紅電ニュース


- mono space -