[6/25]


日本の女子短大生6人、世界遺産の大聖堂壁に落書き…イタリア・フィレンツェ

岐阜市の市立女子短大(松田之利学長)は24日、学生6人が今年2月に海外研修旅行で訪れたイタリア・フィレンツェ市で、13世紀から15世紀にかけて建設された「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に、自分の名前などを落書きしたと発表した。

同短大はイタリア大使館と大聖堂に謝罪し、学生6人と引率教員2人を学長厳重注意処分にした。

発表によると、6人はいずれも現在2年生で、海外研修旅行の際、大聖堂の大理石の壁に縦約30センチ、横約20センチにわたって、日付や自分の名前、短大名などを油性マジックで落書きした。

同3月、日本人旅行者が発見、同短大に連絡したことから発覚した。
6人は「気分が高揚して書いてしまった」などと話しているという。

紅電ニュース


- mono space -