[6/25]

“若者の酒離れで販売が低迷”…なぜ若者は酒を飲まないのか?

若者の酒離れ→女性“登板” 開発・販促の主役に
若い女性が気軽に飲めるカクテルやビールを売りたい−。若者や女性のお酒離れが進み、販売が低迷しているため、ビールメーカー各社は女性顧客の拡大に活路を見いだそうとしている。女性の気持ちをつかまえようと、女性社員を開発や販売促進の主役にする動きもある。

▽値上げで各社苦戦
ことしの発泡酒と第三のビールを含むビール類の販売は、各社が値上げを実施したこともあり減少傾向が続き苦戦している。

キリンビールが18日に発売した「ツードッグス カクテル」(店頭価格148円前後)。
缶がピンク色の「カシスネーブル」、緑色の「ソルティーブルドッグ」の2種類は、吉野桜子さん(26)と森奈津さん(24)のともに入社3年目の女性2人が開発した。
若い世代が対象の商品のため、同世代の2人に白羽の矢が立ったという。

紅電ニュース


- mono space -