[6/30]


刈っても刈っても「花畑」、体育祭ピンチ!…高知の中学校

黄色い花が一面に咲くお花畑――。信じられないかもしれないが実は、高知県東洋町野根の町立野根中学校(松井章弘校長)の校庭だ。コスモスに似た「雑草」に占領されてしまい、関係者らは頭を抱えている。

同校は、全校生徒12人の小規模校で、校庭は約1千平方メートルと広々としていて、秋には近くの小学校との合同の体育祭も開かれる。ところが現在、中央部分が少し残るだけで、びっしりとこの黄色い花が、グラウンドで咲き誇っている。

教師や生徒たちが、図鑑で調べてみると、北米原産のハルシャギクらしいことが分かった。
繁殖力の強いコスモスに似たキク科の花で、茎の高さは30〜60センチ。
5〜8月ごろにかけて、黄色に濃赤色が蛇の目模様に入った花を咲かせる。

ここ数年、校庭の一部や周囲で、この黄色い花がどんどんと増え続けていたという。
例年は、花が枯れる8月の夏休みに耕運機で茎や花ごと土を耕し、グラウンドに戻していた。
種子が交ざったまま整地したのが裏目に出たのか、今年は5月に、グラウンド全体から一斉に芽を出した。「サッカーのゴールネットがこの花で埋もれたのにはビックリしました」と生徒たちは語る。最初は刈り取っていたが、刈っても刈っても次々に茎を伸ばし、花をつける。

紅電ニュース


- mono space -