[7/6]

68歳男、病院で灯油撒く→ライター投げる→警官、空中でライターを蹴飛ばす

68歳男、灯油まいて病院ロビー占拠…「手術結果に不満」と5日午前6時ごろ、京都市山科区竹鼻四丁野町、愛生会山科病院(菅知行院長、305床)の1階ロビーで、灯油のポリタンクを持った男が「医者を出せ」と騒いでいるのに男性職員が気付き、110番通報した。

男は「火をつけるぞ」と言って約10分間、ロビーに立てこもり、駆けつけた府警山科署員らの説得も拒否して灯油約10リットルを床にまいた。さらに、火をつけたオイルライターを投げたが、同署員がライターを空中でけって着火を防いだ。
同署員が、男を現住建造物等放火未遂容疑で現行犯逮捕した。
発表によると、男は同区四ノ宮小金塚、タクシー運転手徳永隆寿容疑者(68)。
「約1年前に泌尿器科で受けた手術の結果に不満があった」と供述しているという。

紅電ニュース


- mono space -