[7/15]

7月7日の七夕にちなんで、ガンダムシリーズのベストカップルといえば? 1位は「第08MS小隊」シロー&アイナ

織姫(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)が年に一度の逢瀬を許された日が7月7日七夕である。織姫と彦星の遠距離恋愛物語ゆえ、七夕には恋人たちの日というイメージがある。
そこで今回は、ガンダムシリーズに登場するメインキャラのカップルの人気を調べてみた。

 接戦の末、1位を制したのは『第08MS小隊』よりシローとアイナのカップル。途中まではぶっちぎりの人気かと思えたが、投票状況を見た『SEED』ファンの応援からか、キラとラクスに追い上げられ、辛くも逃げ切った感じとなった。
 一途なシローと純情すぎるアイナの恋愛模様は実にロマンチック。兄の野望に翻弄されるアイナは、シローと出会うことで本来の自分を取り戻していく。『ロミオ&ジュリエット』的な構図ながら悲恋を迎えることもなく、幾多の困難を乗り越え、最後は幸せを勝ち取った。ビームサーベルで沸かしたお風呂にふたりで入るシーンは後の語り草となっている。
 第2位は『SEED』『SEED DESTINY』よりキラとラクス。能力的にもポジション的にもガンダム史上最強カップルといえるだろう。彼らもシローたちと同様に、当初は敵対する国の人間だった。
ラクスはアスランの婚約者であったが、キラの優しさや行動力に惹かれ、しだいにキラを想うように。
対するキラはフレイに恋心を抱いていたものの、自分の存在を認めてくれるラクスの包容力が心の支えになっていった。互いに理解しあい、心を許す間柄になった。「天使湯」に一緒に入ったかどうかは分からないが、男湯と女湯でそれぞれに想いを巡らすシーンもあり、こちらもお風呂が関係を和らげる重要な場所だったような気がする。

1位 シロー&アイナ 40.71%
2位 キラ&ラクス 34.91%
3位 ガロード&ティファ 9.00%
4位 カミーユ&フォウ 6.19%
5位 ヒイロ&リリーナ 5.42%
6位 シャア&ララァ 3.78%
(回答7274人)

 投票結果を見ると、結果ハッピーエンドとなったカップルに支持が集まったようだ。戦争という悲劇を描く「ガンダム」の中で、次へつながる序章として、恋に共感する人が多かったのだろう。
また、湯船につかるというのは、極めて日本的なような気がするが、似たような風習を持つ地域も世界にはある。ガンジス川での沐浴やカラカラ帝の大浴場など、人と人をつなぐ場としても重要だ。
もしかすると、お風呂があるかないかは、恋愛の結果にも、視聴者の印象にも影響するのかも
しれない。
 さて、新情報も公開された『00』のセカンドシーズン。大人になった刹那の恋愛模様とお風呂の有無にも注目してみたい。

紅電ニュース


- mono space -